now loading

循環器内科

循環器内科

循環器内科について

診療時間について

循環器内科は、心臓、血管系の診察、検査、治療を行う科です。
心臓は全身に血液を送り出すポンプです。
その機能には、脈拍数、一回に送り出せる量、血圧値など様々な要因が関係します。
目の前の患者様のどこに問題があるのかを摘確に判断し、症状の緩和や予後改善、将来的な疾患の予防を行います。
動悸、息切れなどの胸部症状がある方、また健診で心電図異常、心雑音などを指摘された方、
適切な検査、治療を提案させて頂きますのでお気軽に受診してください。

高血圧症

高血圧症

高血圧症は動脈硬化の進展を招き、将来的に狭心症、心筋梗塞、脳卒中、心不全、腎臓病などを引き起こす危険因子です。まずは塩分制限や運動、睡眠などの日々の生活習慣是正が重要です。患者様の状態を把握し、適切な治療方針を提案させて頂きます。最近、血圧が高めで心配されている方、健診で指摘を受けた方などはご相談下さい。

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)

心臓に酸素を供給する「冠動脈」に狭窄、閉塞を来たすことが原因で生じる疾患です。胸痛、息切れなどの症状が出現することで表面化することが多いですが、糖尿病の方などで症状がなく進行している患者さまもおられます。治療が必要な方は、熊本総合病院や熊本労災病院などでカテーテル検査、治療を行って頂く必要があります。18年間カテーテル治療に従事してきた経験から、安定した狭心症、陳旧性心筋梗塞の管理を専門的にさせて頂きます。最も大事なことは、動脈硬化の進展予防とステント留置後の方の抗血小板薬の投薬などです。冠動脈の状況から適切な治療方針を提案させて頂きます。

不整脈

不整脈

脈が飛んだり、乱れたりする疾患です。多くは動悸や息切れ、ふらつきなどで見つかりますが、治療不必要なことも多くあります。当院では心電図、ホルター心電図(24時間心電図)などで診断が可能です。
高齢社会の進行とともに、心房細動の患者さまが増えています。適切な投薬をしない場合、脳梗塞や心不全を招く恐れもあります。症状がある方、心電図で異常を指摘された方はご相談下さい。

弁膜症

弁膜症

心臓には4つの弁があり、それらの閉じ方が不十分で逆流してしまう閉鎖不全症と、十分に開かなくなってしまう狭窄症があります。またそれが原因で心不全を起こしてしまうと治療対象となります。心雑音を指摘されて判明する場合や、心不全となり精査で判明することなどがありますが、診断は心エコー検査で行います。健診で心雑音を指摘された方、弁膜症の定期検査が必要な方は適切に検査させて頂きます。また既に手術を受けられてワーファリンや利尿剤などの投薬が必要な方などの管理もお任せ下さい。ワーファリン投薬管理で必要なPT-INRの迅速検査も可能です。

閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症

動脈硬化で、歩行時の下肢の痛み、しびれ、冷感などが生じる疾患です。脊柱管狭窄症との鑑別が必要ですが、診断には手首と足首の血圧を同時測定する検査が有効であり、当院で施行可能です。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

昼間に異常な眠気に襲われる、家族から睡眠中に息が止まっている、いびきがひどいなどと言われていませんか?
睡眠時無呼吸症候群(SAS)は睡眠中に何度も呼吸がとまる病気で、多くは上気道の閉塞が原因です。SASは高血圧症や心不全、脳卒中などの原因となることが分かっています。健康のためには良質な睡眠が不可欠です。疑いがある方には、まず自宅で簡単に検査を行って頂ける簡易型睡眠モニターという装置での検査をお勧めします。当院にご相談下さい。

〒866-0898
熊本県八代市古閑中町1210番地
アクセスガイド
  • 駐車場
    完備
  • 土曜
    診療有
  • キッズ
    スペース有
診療時間
午前-
午後--
受付時間:平日 9:00~12:30、14:00~18:00
お気軽にご相談ください
0965-62-8877
受付時間:平日 9:00~12:30、14:00~18:00
お問い合わせ