こんにちは、熊本県八代市のくはら循環器内科・くはら皮フ科です。

6月27日八代市にて「高齢者トータルケア学術集会」が開催されました。

急速に進む高齢化のなか、心房細動、心不全の罹病者数は増え行く一方です。
問題点を的確に判断し、目の前の患者様に対して最適な投薬を行う重要性をあらためて痛感しました。
今後も地元の研究会には積極的に参加していこうと思います。

[高齢者トータルケア学術集会]
特別講演1
座長:くはら循環器内科・くはら皮フ科 久原 康史
演者:熊本労災病院 循環器内科 部長 阿部 浩二 先生
「高齢者心房細動の抗凝固療法について」

特別講演2
座長:宮城循環器内科 宮城 宏生 先生
演者:慶応義塾大学医学部 循環器内科 特任講師 遠藤 仁 先生
「心不全とSGLT2阻害剤」